小学生バレーボールにおいて、親が与えるプレッシャーは子供にとってストレスになる可能性も・・

スポーツ指導者としての在り方

小学生バレーボール プレッシャーをかけてしまう保護者の3つの特徴
外からの圧力、これを英語で訳すと「プレッシャー」
プレッシャーという意味は、精神的重圧と外からの圧力

・最後のサーブ「あの子はプレッシャーに弱いから入るかな?」
・最終セット「プレッシャーに耐えられるかな?」
という言葉をよく耳にします。
でも・・
ひょっとすると保護者が子供に見えない「プレッシャー」をかけているのかもしれません。

知らず知らずのうちにプレッシャーをかけてしまう保護者の 3 つの特徴

①保護者や指導者の怒りから与えられるプレッシャー
バレーボールに熱くなりすぎてしまっている保護者によく見られます。
結果がでなければともかく怒る。
「なんであそこで取れないんだ」
「絶対に勝て!」
確かにこういう言葉でなにくそと力を発揮する子もいるでしょう。
ですが「親の怒り」は子供にプレッシャーを与えます。
「今日はお父さんが試合を観に来ている」
「ここで良いサーブを入れなきゃ怒られる」
自分が戦っているのは相手チームです。
親と戦っても意味がありません。
「親に怒られるから良いプレーをしなきゃ」
その持たなくていいプレッシャーで力を出せない選手がいます。
こういう子はコートの中で監督やコーチではなく・・
自分の親の顔色ばかりを気にします。
②保護者の期待が与えるプレッシャー
自分の子供にこのように声をかけていませんか?
『あなたならもっと出来るはずよ』
『あなたの力はこんなものではないわよ』
『今日の試合は絶対勝って!』
保護者からしたら『応援』のつもりでしょう。
ですがこれはある意味、『期待感』
『応援』はプレッシャーになりませんが
『期待感』はプレッシャーになります。
『あなたなら・・・』
『あなたの力はこんなものではない』
これらの言葉・・
よく考えてみると
『子供に負荷をかけています』
こう言われた子は
『もっとがんばらなきゃ』
そう思い持たなくていいプレッシャーを持ちます。
『もっとがんばらなきゃ』
という思いは自分の中から来る思いなのであればいいのですが
保護者からの過度の期待はプレッシャーになります。

③失敗を応援しない保護者
なんでも失敗を責める。
でも、
トライをした失敗。
守ってミスをした失敗。
中身が違うと思います。
ここで勝負をかける場面、ラインぎりぎりに打ったサーブが外れた。
これは、ナイストライと褒めてあげて下さい。
成功と紙一重です。
守ってミスをした失敗。
これは、心の弱さ。
強気になれる言葉をかけてあげて下さい。
乗り切える壁があり、乗り越えたら良いプレーヤーになれます。

まとめ
誰もが大事な試合ではプレッシャーがかかるものです。
そのプレッシャーに打ち勝つためには自分に自信が持てる練習も必要。
あそこまでがんばったんだという思いが試合での緊迫した場面で
プレッシャーに打ち勝つこともあるでしょう。
周りの仲間の一言がいい緊張感を与えることもあるでしょう。
子供たちはのしかかってくるプレッシャーを懸命にはねのけようとしています。
バレーボールはチームプレー。
ミスをしたら仲間に申し訳ないという気持ちもあるでしょう。
子供自身もプレッシャーに強くならなくてはいけないとは思います。
しかし、
プレッシャーを良い方向に変えていくか・・
悪い方向に変えていくのか・・
周りの保護者の一言が悪い方向のプレッシャーをかけているのかもしれません。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました