運動神経が良くなりたいお子さんに、ぜひとも学ばせたい、コーディネーション7つの能力

成長時期に応じたトレーニング

 運動に必要な7つのコーディネーション能力の解説

1:定位能力

定位能力とは、相手やボールなどと自分の位置関係を正確に把握する能力です。 具体的に言いますと、『距離感』と『空間認知』の2つがあります。 『距離感』は仲間同士の距離やボールと自分、ボールと味方などの距離を把握することです。  また『空間認知』とはボールの落下地点・軌道・高さを把握することです。 最近の子供たちはとくに『空間認知』能力が低く、 球技の経験が少ない傾向にありますので、多種多様なボールゲームを経験させましょう。

2:変換能力

変換能力とは、状況に合わせて、素早く動作を切り替える能力です。相手の動作に合わせて、 かわすために方向を変換したりなど、鬼ごっこなどでトレーニングで楽しみながら、動きを素早く切り替える力を高めていきましょう。

3:リズム能力

リズム能力とは、動きを真似し、イメージを表現する能力です。 具体的には、『タイミング』や『テンポ』です。 『テンポ』よく走ったり、『タイミング』よく跳んだり、 リズム体操やダンス等を取り入れるようにしましょう。

4:反応能力

反応能力とは、合図に素早く、正確に対応する能力です。 反応能力には、『単純反応』と『選択反応』があります。 『単純反応』では選択肢が1つのものに反応することを指し、 『選択反応』は選択肢が2つ以上のものの中で反応することを言います。 反応する選択肢が多くなればなるほどその分反応時間が長くなります。合図を鳴らしボールを取りに行く動作など反応能力については経験値がものをいいます。

5:バランス能力

バランス能力とは、不安定な体勢でもプレーを継続する能力です。 具体的には、『静的』と『動的』があります。 例えば、サーブなどを打つ際は体幹を中心に置く『静的』な瞬間やブロックやスパイクなど空中動作の『動的』なバランスがあります。 2つの動作は連動しているので、動作を分けてトレーニングしながら、連動性の中でバランス能力を高めていくことが大切です。

6:連結能力

連結能力とは、関節や筋肉の動きをタイミングよく同調させる能力です。 具体例として、『なめらかな動き』があります。ランニングレシーブや、スパイク(ブロード)したりするなど『しながら、する。』という『なめらかな動き』が必要不可欠です。 『なめらかな動き』を身につけるためには、柔軟性が重要となってきます。 柔軟性を高めるためには、日頃から肩関節、股関節、足関節など各関節のストレッチングをしておきましょう。ケガ予防にもつながります。

7:識別能力

識別能力とは、手や足、用具などを精密に操作する能力です。 具他的には目で観たものを判断して、手を正確に動かす『ハンド・アイ・コーディネーション』という力があります。 『ハンド・アイ・コーディネーション』を向上させるためには、 『ジャグリング』が有効的です。私はバレーボールを使い両手で入れ替えたり、背面キャッチなどさせています。

コメント

  1. […] […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました