保護者・指導者必見!小学生バレーボール試合観戦時の最低限のマナー

日記とつぶやき

小学生バレーボール 試合観戦時にこれだけは守って欲しいマナー
小学生でバレーボールをやっているお子様の保護者さんの多くはバレーボール経験者の方が多いです。
そうなると、昔の記憶が蘇ってしまうんでしょうね(笑)
熱が入りすぎて、周りが完全に見えなくなってしまう時があります。
応援はマナーであり、指導者の我々が教えるものではありませんし、保護者様には言いづらい部分でもあります。
でも、子供の為にも模範になる応援マナーを心掛けて欲しいです。
私たちのチームではお願いをしてありますが、対戦チームで時々このようなチームを見かけます。
その場合、子供も汚い言葉使いになりやすくなります。
一人一人が子供が気持ちよくプレーできる応援マナーを心がけたいですね。


①自分がコーチになってしまう。
試合が始まると、監督・コーチ・選手が一丸となり闘います。
親御さんが出来ることはチームを応援することだけになってしまいます。
その時に、このように声をかける保護者さんがいらっしゃいます。
「もう少し、立ち位置をライン際に構よう」
「サーブを〇〇に落とそう」
などとアドバイスを送る保護者様。
当然ながら選手に近づいてアドバイスを送る行為もダメです。
選手に指示を送るのは指導者の仕事です。
気持ちは分かりますが、指示は指導者にお任せ下さい。


②対戦相手へのヤジ
自分のチームがサーブを打つと、
「落とせ!!」
と叫んだり、
相手のサーブが入らなくなると
「サーブ入んないぞ!!」
と対戦相手さんのことを言いだしてしまう親御さんがいらっしゃいます。
勝ちたいと対戦相手の児童を揺さぶる気持ちは分かります。
大人が相手チームの子どもを動揺させようとして言っているのは聞いていて気持ちのいいものではありません。
そういう勝ち方は正直、必要ありません。
負けたら、くやしさを知る。
負けたら、練習に励む。
このサイクルで生徒は成長していきます。
ヤジで勝ったとしても得るものは少ないです。
相手チームさんにももちろん失礼ですが、何よりもその姿を見ている自分の子供にいい影響を与えません。


③挨拶がきちんとできているか?


長年、指導をしていると非常に良いチームだなと感じる場面があります。
それは、礼儀が非常に正しい。
それも、保護者さんも含めてです。
いつ感じるかといったら、試合開始のあいさつに表れます。
『良いチーム』と感じるチームさんは親御さんも必ず立って児童と同じタイミングで挨拶をしています。
相手チームに審判の方に一礼をすることは選手だけでなく父母もしたほうがいいと私は思っています。
挨拶をしないにしても、この時に、おしゃべりをしてペチャクチャするのはあまり見ていていいものに見えません。

まとめ
今回は、親御さんにこれだけは守って欲しい試合の観戦時のマナーをお伝えしました。
長年、指導をしていると良いチーム。感じが悪いチームと色々なチームさんを見ます。
良いチームだなと感じるチームは、親御さんもしっかりと戦っています。
その親の声援を子供は力に変えます

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました