指導者として、小学生バレーボールでサーブレシーブについて知っておく

レシーブ

相手チームのサーブを受ける動作のことを「サーブレシーブ」「レセプション」と言います。小学生において、最大の攻撃でもあるサーブをセッターに正確に返球できれば、こちらの得意な状況で攻撃でき、得点につなげやすくもなります。

サーブには多くの球質があり、それに加えスピードや変化も伴います、そのため吸収が早い小学生の時期には色々なサーブを受けて球質やコースを予測できる感覚と技術を身につけていかなければいけません。

1:サーブレシーブ(レセプション)の目的

1:サーブポイントを取られないようにする。相手コートに落として失点したり、相手コートに直接返球し、攻撃機会を失わないように味方プレイヤーがボールをつなぐことができるようにする。

2:セッターがより多くのアタッカーの力を引き出せるようにボールを適切な位置・高さに返球すること。つまりはセットからアタックを組み立てるために十分な準備時間を確保することです。

2:サーブレシーブの動作原理

1:ヒット面の形成(手の組み方)

正確にボールをヒットするために、腕とての組み方でできるかぎり安定した平面を作る必要がある。ヒット位置は手首と肘の間(前腕)であり、この部分が安定するように通常は手を組む。特に初心者や習いたての小学生は手や手首ヒットしようとすることが多いので注意が必要です。

手の組み方は、手のひらを上に向けて左右の指の部分を重ねてから親指をそろえる「ハンドオーバーグリップ」左右の指をお互いに何本か差し込んでから親指をそろえる「フィンガーインターロック」片方のこぶしをもう片方の手で包み込む「フィストグリップ」など様座なものがあるが、プレイヤーによってひじや指の柔軟性の違いがあるため、素早く組めてかつ安定して面を作れる自分のやりやすい組み方を選ぶ。なにより重要なのはヒットの瞬間に両方の腕が左右対称となって肘が伸びていることです。

2:目標方向への上半身(上肢)の使い方

基本はボールが飛んでくる方向に正対したまま、左右の膝の間での重心移動が重要。「ヒット面の向き」「ヒット面が動く方向」「ボールを飛ばす方向」である。

スピードのあるサーブに対しては腕を固定しておけばその反射でボールが目標に届くが、勢いがないサーブに対しては目標に向かって腕を動かさなければならない(いわゆる腕を振る)

ボールを飛ばすために利用する力は「腕の振り上げ」「股関節の伸展・屈伸」「重心移動」である。

3:ボール落下地点への移動

サーブレシーブは、サーブの打球方向へ素早く移動することが重要である。

落下地点を正確に予測するためには、打ち出されたボールの「スピード」「角度」「変化」などの情報を得て判断しなければいけない。サーブが打ち出されて相手コートの半分(小学生の場合4~5m)ほどにボールがある時に最初の落下地点を予測する。打たれたボールの左右のコースは打たれた瞬間のボールの行先、手や体の向きでわかるので佐生早く左右に移動する。ボールがネットを超えるあたりで、さらに詳しい落下地点がわかり(前なのか奥なのか)これも合わせて移動を行う。

4:安定した姿勢と視線

ヒット面が安定して動くためには姿勢が安定している必要がある。姿勢は視線の影響を強く受けるためヒット前後で視線を動かすことはミスにつながりやすい。とはいえヒットの瞬間を直視することは前方からきているボールからヒット面へ視線を大きく動かすことになるために、ボールヒットは直視するべきではなく周辺視野でみるべきである。

3:サーブレシーブの動作チェックポイント

1:アンダーハンドパスのチェック

・ヒットの瞬間に安定した面を作れているか

・ヒット位置は手首と肘の間で平らな面が作られているか

・「面の向き」「面が動く方向」「飛ばす方向」が一致しているか

・サーブが当たれるときにリラックスした状態(自分の動きやすい状態)で構えているか

・サーブが打たれるときに打たれた方向に正対し移動しているか

・サーブが打たれててレシーブするまで視線が安定しているか

・ボールをとらえた時、雪駄側への重心移動が使える体制になっているか

4:サーブレシーブの練習方法

1:ボールをゆっくり放り投げ落下地点へ移動する

指導者がボールを放り投げ、それを移動して両ひざの間でキャッチする。特に初心者はコーンやバケツを用いてやると良い。ボールの落下地点を正確に予測しそこにタイミングよく移動する能力を身に着けるのが目的である。ひざの間でキャッチするためには正確な位置の判断と腰を落とした補給姿勢を完成しておくことが必要。

2:色々なサーブレシーブの数にこだわる

コートを縦に半分割し指導者がサーブを打つ(できればサーバーは二人いるとよい)片方はサイドハンドサーブ・もう片方はフローターサーブやドライブサーブといった、球種を変え、小学生の間落下地点や距離感が完全に備わっていないため「数をこなす」ことにより、それらを養う。

レシーブ
wakky1838をフォローする
バレーボール指導者 初心者・小学生指導者向け

コメント

  1. […] […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました