【小学生バレーボール練習法】平均台や跳び箱を使ったサーブ練習

サーブ

私が教えていった中では、男子も女子も早い子で2年生でオーバーハンドサーブを打ち始める子もいますが(筋力がないのであまり勧めません)

平均すると3年生の中盤あたりからオーバーハンドサーブ(フローターサーブ・ドライブサーブなど)を打ち始める子が多いような気がします。

そこで気を付けてほしいのは、子供たちはどうしても勢いのあるサーブを打ちたいもので、腕や手の力だけで打ってしまいがちになり「足の運び」や「腰の捻転」などがバラバラになってしまいます。

そこで、効果的な練習は平均台や跳び箱を使った方法です。

準備するものはどこの体育館にもある、平均台2つと跳び箱の一番上のマットがついている部分。これらはそれぞれ使っていくのですが。

最初は平均台を2つ並べ、平均台と平均台のスペースを大体30㎝程開けておきます。

その間でオーバーハンドサーブを打つだけ。これは下半身が打つ際や打った後、横にぶれないようにするための練習です。打った後に平均台に当たるようでしたら、ボールに与える力が左右に分散していることになります。

これが上手くできるようになっていくと、平均台の下にマットを引いて、平均台を2つ重ねてその上に立ちそこからサーブを打たせるようにもしています。これも同じ効果で横にぶれているようなら、平均台から床に落ちてしまいますのでわかりやすいです。(ただし怪我がないように補助者をつけてしてくださいね)

跳び箱も同じです。上から打つことにより、平均台の上から打つ効果と同じことが得られます。まだ面が大きいので、私は体の使い方がダイナミックだけど力がボールにいまいちボールに伝えれていない子や、オーバーハンドサーブを覚えたての3年生をメインで跳び箱は練習しています。

他の内容でも私は口を酸っぱくして言っておりますが、こういった物を使うことは、練習のための練習であり、本番の為の転移ではありません。

フォームがきれいな子・上手な子には、何も使わない状態でエンドラインから打つ練習をさせるべきなのであしからず。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました