【重要!!】小学生バレーボール、セッターの選び方の20項目で判断する

セッター

メインセッターが引退し、サブセッターがメインにと、毎年セッターを育成することが小学生指導者における最大の悩みの一つです。

チームでのバレーボールの質が高くなると、セッターはただアタッカーにトスを上げるだけの選手ではなくなってきます。

セッターはチームのかなめであり、チームの力を最大限に引き出し、コートの中の指揮者です。必要な能力として「リーダー性」があります。必ずしもセッターがチームキャプテンやリーダーになる必要はありませんが、攻撃を司るコントロールプレイヤーになるわけですから、チームをコントロールできるリーダー性は欠かせません。また、かんとくとの 信頼関係を保てる人間性も大切です。

セッターによって勝てる試合を落としてしまったり、逆にセッターの力で勝たせてもらうこともあります。それがゆえ、雪駄を誰にするかは、極めて重要な問題なのです。

私なりにセッター選びの視点を20項目を掲げています。

10個以下だと向いていないかもしれない

12~15個向いている

16以上セッターに優れている

参考までにどうぞ。

1:足が速い(短距離走)

2:体が柔らかい

3:細かい技術が優れている

4:手が大きい

5:腕が長い

6:握力が左右均等

7:姿勢がいい

8:人差し指が薬指より長い

9:左利きが有利(ツーアタックができるため)

10:動体視力がよい

11:反射神経が良い

12:バレーを初めてすぐサーブが入った子

13:違う動作を二つ同時にできる子(長縄跳びしながらボールキャッチなど)

14:ボール拾いやボール渡しが上手な子

15:友達や下級生の面倒をよく見る子

16:準備や後片付けを進んで行う子

17:人の話をよく聞き、自分のものにできる子

18:負けず嫌い・すぐ諦めない子

19:あまり目立ちたがらず縁の下の力持ちな子

20:監督やコーチの言葉や指導をマネできる子

セッター
wakky1838をフォローする
バレーボール指導者 初心者・小学生指導者向け

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました