小学生・新米指導者・お父さんお母さん!バレーボールのサーブには覚える順番がある

サーブ

バレーボールのサーブは初心者のうちは非常に難しいスキルの一つです。そもそもサーブが入らない原因は、うまく手に当たらなかったり、トスが安定しなかったり、また小学生低学年となると腕だけでネットを超える筋力がなかったりと原因は様々です。

まずはサーブがネットを超えるようになるということを目標に、今回はバレーボール初心者の方や小学生向けに「サーブがネットを超えるようにする方法」についてお話したいと思います。

サーブがネットを超えないのには理由があります。まずはなぜサーブがネットを超えないのかを理解して、どのように改善すればいいのか考えることが大切です!

ネットを超えない原因①手に上手く当たっていない
ネットを超えない原因②サーブのトスが安定していない
ネットを超えない原因③筋力がない・体の使い方がわからない

ネットを超えない原因①手に上手く当たっていない

サーブがネットを超えない理由の1つとして、そもそも手に上手くボールが当たっていない場合があります。この手というのがどの位置か分かっていない方が多いです。この手をというのは「手根部」のことを言います。読んで字のごとく手のひらの根本(ねもと)で「グー」にしたとき指と手首の間のポコッと膨らんでいる部分になります。このボールの叩く位置を間違ってしまうと、サーブはネットを超えなかったり、大きくアウトになってしまったりします。

手の当たる部分もそうですが、ボールのどこを叩いているかでも確認できます。

ボールの下側を叩いている場合

ボールの下を叩いてしまった場合は、ボールを押し出すような形でサーブを打つことになるのでサーブの軌道が上向きになるため「アウト」になりやすいです。

ボールの上側を叩いている場合

ボールの上側を叩いてしまった場合は、サーブの軌道が下向きになるのでサーブがネットに掛かりやすくなってしまいます。

自分がどういうサーブミスをしやすいのかを思い出してみてください。ネットに掛かることが多いのであれば、ボールの上側を叩きすぎている可能性が高いです。その場合はいつもよりやや下側を叩くようにしましょう。そうすることでサーブの弾道が上向きになるので、ネットに掛かるようなサーブミスを減らすことが出来ます!

ネットを超えない原因②サーブのトスが安定していない

サーブがネットを超えない場合や上手く手に当たらない場合の多くは「サーブのトスが安定していない」ことが原因です。そもそもサーブはトスで8~9割決まると言っても過言ではありません。

上げるトスが高かったり低かったり毎回違うと、サーブのフォームが安定しないのでいいサーブが打てなくなります。

また練習をする上でも毎回違うフォームでサーブを打つのでなかなか上達しないのです。サーブが安定してネットを超えるようにするためには、まずトスを安定させることが必要です。

サーブのトスを安定させるためには、「トスを上げる→サーブを打つ」という練習を繰り返すのではなく、トスだけを切り出して効率よく反復練習することをオススメします。

例えば、フローターサーブのトスは手だけで上げているように思うかもしれませんが、トスを安定させるためには下半身の力を使ってトスを上げないといけません。また右利きの子だとすれば、時計でいう1時2時の方向にあげるのがベストです。このトスだけの反復練習するだけでも全然初心者の時の成長度は大きく変わります。

この練習でトスが安定してきたら、実際にネットに向かってサーブを打ちます。まずはこの練習を繰り返してトスが安定してきたら、手にさえ上手く当たるようになっていればサーブは必ずネットを超えるようになります。

ネットを超えない原因③筋力がない・体の使い方がわからない。

小学生でサーブがネットに掛かってしまう選手に多い原因の1つにそもそも「筋力がない・体の使い方がわからない」ということがあります。特に低学年(小学3年生)の女子はこれに当てはまることが多いです。

最近の子はある意味大人びており、体が出来上がっていないのに上級生のかっこいい「フローターサーブ」を打ちたくなる傾向にあります。しかし体が出来上がっていない低学年の子にフローターサーブを打たせると方や肘を壊す可能性が高いので注意が必要です。

フローターサーブを打っても良い一つの目安としてはコートのエンドラインからバレーボールを投げてそのボールがネットを超えると打っても良いかなという目安になります。

まだ投げても超えない子は、サイドまたはアンダーサーブから習得しましょう。

アンダーサーブでは手を当てるポイントが習得できかつ、力のない子でも手と腕の力だけでネットを超えます。これができると次はサイドハンドサーブです。

サイドハンドサーブでは腰の回転を習得できます。正しいサーブにはミート・トス・体の使い方が必要でサイドハンドサーブでは腰の捻転を覚えるのに良い練習になります。

ここまでできるようになって、フローターサーブを習得してください。この順番でいくとすぐにフローターサーブを打つ子よりおそらく数か月習得が遅れますが、ケガもなく、癖もつかず、結果的にうまくいきます。「急がば回れ」です。

サーブ
wakky1838をフォローする
バレーボール指導者 初心者・小学生指導者向け

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました