小学生バレー主審③プロトコル     9分前から開始まで

審判

■9分前■

次に公式練習になります。多くはそれぞれのチーム毎にしますが、両監督の要望があれば2チーム合同6分で行う事も可能です。それぞれの場合は3分です。

先に公式練習をするのは、先ほどのコイントスで先に出た(勝った?)方になります。

この時に副審と時計を合わせます(ストップウォッチ機能にしておく)

そして、一番最初のボールアクション(大体監督さんやコーチがボールを打ったり、送ったり)と同時に「主審」が吹笛し同時にストップウォッチを進めます。そして3分になった同時に「副審」が吹笛します。合わせて6分になった時点で「主審」が吹笛し公式練習は終わりです。(合同6分の場合は中間の副審の吹笛は有りません)

■3分前■

選手を整列させるよう促してください。整列の確認をしたら、記録員側から見て支柱の左側に主審・右側に副審が立ち、そのまま主審台の前まで歩きます。

そのままコート側に振り向き、両手を90度に水平に挙げて吹笛しながら、その両手を前で合わせます。

すると選手がネット越しに相手チームと握手を交わし、その後主審・副審の前に来て握手を交わします。Aチームのキャプテンと握手したらBチームのキャプテンと代わって握手をしてくるので、主審・副審は移動しなくていいです。その後主審・副審が向き合って握手をしてください。

季節によっては「感染症」や「インフルエンザ」などの影響で握手を省略することもありますので、その時はエアー握手で笑

その後主審は審判台に登ります。

副審については、別で記載していますのでそちらを参考していただき。

審判台に登ったら、審判団全員を見回してください。線審が不安な子ではないか?得点版が見えにくい位置に配置されていないかなど。そうしている間に、副審が両チームのラインアップシートを確認し、サーバーにボールを渡しています。

最初のサーバーが正しいかなど確認した記録員が副審に対して両手を挙げてサインを出したのち、副審も大丈夫という事で両手を挙げサインを出します。

それを確認した後、最初の吹笛までで12分です。

審判
wakky1838をフォローする
バレーボール指導者 初心者・小学生指導者向け

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました