小学生バレー主審②プロトコル    12分前から10分まで

審判

主審①でも説明したように、プロトコルとは公式練習になります。3セットマッチでいくと開始サーブの吹笛から12分前からの事ですね。ですのでプロトコル9:10という指示に対してはその試合一番初めのサーブの吹笛は9:22になります。

■12分前■

主審は吹笛して両チームのキャプテンを呼びます。「キャプテンお願いします」と吹笛後に呼び掛けてもいいですし、合図を出しても構いません(自分の手のひらで胸の下を平行に移動させる・・キャプテンであるナンバーのアンダーラインを指すという感じでしょうか)場所としては記録員の前くらいが良いかと思います。そして、両キャプテンに握手をします。その後大会によって違うルールや注意事項を簡単に伝えます。例:2セットマッチの場合は得失点差になります、3セットはしませんや、今日は暑いので、汗でボールが滑りやすいのでこまめにボールは変えましょうなど。この時には当たり前ですが、戦術については述べてはいけません。

■10分前■

次はコイントスです。コイントス後に障害物に当たるとやり直しになる為、記録員の前ではなく、少し左右のどちらかに開きます。そして主審がコート側に立ち両サイドに両キャプテンベンチ側に副審とひし形のような隊形で、コイントスの結果に対しての選択方法を伝えます。

少し分かりづらいので、ここではAチームとBチームにしましょう。

まずは、表が出たら裏が出たらどちらかを伝える。「表が出たらAチーム・裏が出たらBチームが先に選択できます」と

続けて「出たチームが先に3つのうち1つ選択できます、出なかったチームが残りの2つのうちどちらかを選択してください」と言ってください。そうしないと、必ず先に出たチームは「サーブで」「コートで」「カットで」と単語のみを言うのでサーブをどうしたらよいのか判断できかねます。

続けて3つとは「サーブを先に打つのか?」「コートを選ぶのか?」「サーブカットを先にするのか?」この3つです。

Aチームがサーブを打つを選択すると、必然的にサーブカットはBチームになりますので

Bチームにはコートはどちらにしますか?と聞いてください。例えばAチームが最初にコートを選択した場合、Bチームはサーブを打つのか、カットするのかの選択がありますのでそのように聞いてください。

選択が決まれば、副審が記録員に伝えるとともに、キャプテンのサインを求めるよう案内します。正規でいくとプロトコル前に記録員がメンバーの記入もしているのでその時に監督さんにサインしていただいていますがあると思いますが、どうしてもプロトコル前には選手に球出ししている監督さんも多く、このキャプテンにサインをするときに同時にいただくことが多いようです。

審判
wakky1838をフォローする
バレーボール指導者 初心者・小学生指導者向け

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました