バレーボール・サーブの名前と種類

サーブ

サーブにはいろんな名称がありますが、おおまかに分けると4種類しかありません。

その4種類とは「アンダーハンドサーブ」「サイドハンドサーブ」「オーバーハンドサーブ」「ジャンプサーブ」です。

よく「ラウンドハウスサーブ」(たまにママさんバレーなどで見かけるけど・・今は少ない)をオーバーハンドサーブと思っている方や、肩より上で打つサーブを「フローターサーブ」と勘違いしている方がおりますが、ラウンドハウスサーブはスイングの方法の名称であり、フローターサーブはあくまでもボールの軌道の事です(フローター=和訳:浮く)

上記の4種類はその名の通り、下で打つのか、横で打つのか、上で打つのか、飛んで打つのか、この4種類を「大分類」にし、スイング方法や、ボールの軌道(回転)変化をさせることにより、細かい名称「小分類」となっていくんですね。

私としてはどちらでもいいんですが(笑)指導者講習や、全国バレーボール理事さんとお話しする機会があるときは、知っておいたほうが良いです。上級資格取得の時に「ジャンプフローターサーブ」を打ってくださいと言われた指導者がドライブサーブを打って、指摘されていました・・・

そして「小分類」として「ラウンドハウスサーブ」前回転をかける「ドライブサーブ」横・後ろに回転をかける「スピンサーブ」浮いて落ちる軌道の「フローターサーブ」後は天井高くボール打ち上げ重力を味方にする「天井サーブ」などがあり、飛んでドライブサーブを打つことを「スパイクサーブ」と呼び、それがフローターサーブだと「ジャンプフローターサーブ」と呼びます。

これらは、あくまでも知っておいたらいいですよくらいで、知らないから指導者のレベルや子供たちに影響が及ぼすものではありませんのであしからず。

 

サーブ
wakky1838をフォローする
バレーボール指導者 初心者・小学生指導者向け

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました