小学生バレーボール、バレーボール始めたての子どもはサイドハンドサーブから覚えよう

サーブ

私自身、アンダーハンドサーブより、このサイドハンドサーブの方が初心者(小学生低学年)にとって初めに取り掛かるのが良いのではないかなと思います。

なぜかというと

①安定してインパクトができるため、ボールをコントロールしやすい。

②筋力がなくても、相手コートに入る

③腰の捻転や、体重移動がわかりやすく小学生には伝えやすい。

④肩やひじを怪我しづらい。

などの理由からです。

やり方とコツとしては(右利きの人)

①左手でボールを持ち、右腕を後ろにしてエンドライン(コート)に対して真横に立つ。足の開きは肩幅くらい。

②トスを上げる・・・と同時に右腕を後ろに引く。

まずトスは高く上げないようにする。目安としては高くても自分の頭からボール2個以上はダメ。1個分くらい。(全部のサーブに言えることですがサーブにおいて一番重要なのはトスです)引いた右腕は平行に真後ろに引く。

腕が下がるとボールに対して斜めにインパクトしたり、腕を上げすぎるとボールの上を叩きネットにかかります。

右腕は一本の棒のようなイメージを持ち(肘を曲げたりしない)振り子の力を利用して打 つ。

頭は上下にぶれないようにする。

③右足を踏み込んで、体全体を回転させます

④手は軽く握り、手首と手根部の間で振りぬきます。この時手のひらを相手チームの選手に見せるようにするのがポイントです。ボールが手にあたる瞬間まで目を離さず、打ったと同時にボールの軌道と合わせてボールを目で追いかける

⑤踏み込みの左足のつま先はですが、狙いたいコースに向ける。

サイドハンドサーブをミスする子の傾向としては、打つ瞬間と打った後ボールを見ていないことが多いかなと感じます。トスが安定しない子には、野球のティーバッティング練習ができる器具があります。それなんかを購入またはDIYで簡単に作れるので、やってみるのもいいかもしれません。

サーブ
wakky1838をフォローする
バレーボール指導者 初心者・小学生指導者向け

コメント

  1. […] […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました