【小学生バレーボール】わかりやすい練習方法!コートを9分割にしてみる!

フォーメーション

私のチームでは、新しくメンバー編成を組む時やフォーメーションの変更をするときには必ずしており、子供たちの理解力がアップすると思い、常に行っています。

普段練習を行う体育館は校長先生等の理解も高いため、私のところでは、バレーコート半面をすでにラインテープで9分割しています。(小学生は8m×8mなので約2.7m間隔で)

9分割した枠内に、番号を付けます。本来のデータバレーの番号とは違いますが私のチームはレフトの枠から1番・センター2番・ライト3番・レフトの1つ後ろが4番・・・・とあくまでも子供たちが分かりやすいように。

後は、まずは各自の責任番号をはっきり決めておき(色々なシチュエーションによる)、ミスが起きた際に今の6番を守れるのはあなたしかいないよ。と教えてあげるのです。

これをすることにより、「今の私ですか?」「この場合、どこに居たらいいのですか?」という質問が少なくなり、各自の責任感が増し、理解力も高まります。どうしてもポジショニングの指導を「今のはここからスパイクを打ったのだから、そこじゃなく、ここでしょ」みたいな指導者の感覚で伝えがちですが、子供たちは指導者が思っている以上に、理解はしておりません。

今でも、私は子供たち気づかせれることはたくさんあり、子供たちの目線で指導するように言い聞かせないと思ってます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました